学校法人 誠心学園

東京・蒲田と神奈川・横浜で学ぶ調理師・製菓専門学校です。

  1. ホーム >
  2. 理事長・学園長挨拶

理事長・学園長挨拶

学校法人誠心学園
東京誠心調理師専門学校
国際フード製菓専門学校
理事長・学園長

廣瀬 喜久子

誠心学園は、ライフスタイルの変化にともなう多種多様なフードビジネスへのニーズとそれに応える『新しい時代に即応し、食の世界をトータルに考えられる人材』を育てることが1970年設立以来一貫して変わらない教育の理念です。
そのために『時代に先駆けた新しいコース』を常に創造しながら、マネジメント、フードビジネスコーディネートなどフード、製菓製パンの分野に求められる新たなスキルの教育や、IT時代のe-learningによる画期的な遠隔教育、更に高齢社会の食の担い手となる福祉調理のスキルをもった新たな人材教育など、他校にはない独自性のあるユニークなカリキュラムと教育方法で人材養成に取り組んできました。
こうした『時代の求める人』をめざした教育にはもう一つ大切にしてきたポリシーがあります。それは技術や理論を積み重ねるだけではなく、それを生かすのは『人』でありその人間教育が最も重要であるということです。
料理やお菓子、パンのおいしさは、高度な技術と素材だけが生み出すものでなく、『お客様により安全で美味しいものを提供し、心からよろこび食を楽しんで戴きたい』という心やお客様へのホスピタリティーマインドが作り出すと考えていることです。挨拶や言葉遣い、思いやりの心とマナー教育など、『心』の教育に力を注ぐのもそのためです。

これからの益々多様化する時代の『食へのニーズ』に、トータルなビジネスの創造と提案を目指し、同時に世界にも目を向けグローバルな『時代が求める人材』になってください。 私たち誠心学園は、情熱と意欲を持って自分の夢をかなえようと努力する人を応援します。